体質改善で過ごしやすい毎日へ

断食による体質改善方法

プチ断食を行うことで、肝臓や胃腸、腎臓などを休ませることができるため、その機能を回復させる効果や便通や排泄がよくなり、血液もキレイになるデトックス効果などの体質改善が期待できます。
体質改善としてプチ断食を行う場合には、3日間で行います。
1日目を準備日、2日目を断食、3日目を回復日として行います。
土日休みであれば、週末の金曜から日曜で行うことで、生活リズムを崩さずに実施することが可能です。
準備日は、少しずつ食べる量を減らしていきます。
朝食は通常通りですが、昼食はいつもの7割から8割程度の量、夕食は通常の半分の量と減らしていきます。
就寝の3時間前には夕食をすませ、アルコールを控えることがポイントです。
2日目は、水分以外は食べ物は一切撮りません。
水分はいつもよりも多めに摂る必要がありますが、砂糖が入っていないものに限ります。
3日目は、回復日となるため、朝食は、おかゆなどの消化の良いものから徐々に増やしていきます。
暴飲暴食すると無駄になるため注意します。

断食による体質改善について

人のからだは日常の暴飲暴食、現代の生活の乱れや不規則な生活などにより、からだが本来持つ機能を低下させて免疫力なども低下させているのが現状です。
それを断食することによって、本来持っていたからだの機能や免疫力、自然治癒力などを再び呼び戻すことができます。
まず、胃腸にものが入ってこない状態を作ることで、腸を休ませてあげることができます。
その結果、働き続けて機能が低下していた消化吸収の機能やその他の内蔵も休めて、機能を再び回復させてあげることができます。
そして、次の食べ物が入ってこないので、その間にからだは余分なものをゆっくりと最後まで排泄することができます。
体内の有毒物質や老廃物が排泄できるので、花粉症などのアレルギーも改善できることがあり、体質改善へとつながります。
また、食べることをストップすることで肝機能の向上も期待できます。
有毒物質の解毒を行う肝機能が改善されれば、アルコールの分解能力を高めます。
このように断食することで、デトックス効果リセット効果が期待でき、体質改善をすることも可能になります。

Copyright 2015 体質改善して快適生活 All Rights Reserved.